Android対応ボタン型コントローラ「FourBeat」の公募をクラウドファンディングで開始

ピグマル初となる製品、Android対応ボタン型コントローラ「FourBeat」のクラウドファンディングでの公募を開始しました。

プレスリリース

訂正
プレスリリースの文章が一部切れてしまっていました。提携サイトにも配信されてしまっているので修正は難しそうです。下記に読み替えてもらえると嬉しいです。

■Android USB Accessory対応でUSBコネクタに挿すだけで対応アプリが起動
Googleが昨年発表したAndroid USB Accessory対応をしているため、複雑な操作の必要なく、USBケーブルで接続するだけで簡単にアプリケーションが起動します。

—-
FourBeatはAndroidに対応した押しボタンスイッチ型のコントローラです。Android accessory protocolでAndroid端末と通信できる、国内初(※)のAndroid USB accessoryです。
(※)当社調べによる

FourBeatは、ピグマルがメインターゲットとする、コンシューマ向けエンターテイメントをターゲットとしています。また、ソフト、電気、メカまで含めてすべてオリジナルでデザインをしています。

弊社のような、なんの後ろ盾もないベンチャーが、一品物ではなく、購入を希望したすべての人にお届けできるようなモノづくりをするのは、初期投資のリスクが非常に大きく、クラウドファンディングという方法をとること自体にも意義があると思っています。

ご購入いただいた方には十分楽しんでもらえると、自信を持って送り出す製品ですので、どうぞ、ご支援のほどお願いします。

「リアル」が伝わるAndroid対応押しボタンスイッチ FourBeat

Mini Maker Faire in ShenZhen にて新作「ウェアラブルタブレット」の展示を行いました

4/8に中国の深センで行われた Mini Maker Faire in ShenZhen にてウェアラブルコンピュータのコンセプトモデル「ウェアラブルタブレット」の展示を行いました。

ウェアラブルタブレット


ウェアラブルタブレットは、その名の通り、着れるタブレットです。タブレットコンピュータとセンサを内蔵した服を着ることによって、自身のポーズや相手との接触によってタブレットを操作することができます。

ポーズ・接触に対するタブレットの動作はいくつかのモードがありますので、ここではそのいくつかを紹介します。

ファンクションモード

Androidの機能を呼び出すモードです。下の画像のように手をかざすと写真を撮り、別のポーズで、撮った写真を画面に表示します。

目の前にいる人を写すので、見る人にとってもわかりやすく、子供たちにも大人気でした。

三国志モード

三国志のキャラクターをモチーフにしたモードです。
右手を上げると関羽が刀を振りかざします。

もう一人が腰に手を当てて、同じように右手を上げると、馬に乗った関羽が刀を振りかざします。

今回の開発メンバー&展示サポートメンバー。

Maker Faire 終了後は深センに2日間滞在し、インキュベーションオフィスや製造工場の視察をしました。

深センは都市自体が新しく、町中では若い人ばかりが行き交っており、華強北路の巨大電気街や、見学した工場の施設や人々の対応など、あらゆる点で圧倒的な勢いを感じました。

今回、Maker Faireのお陰で深センのサプライヤーとはとてもいい関係を作れまいた。今後もより協力関係を強化していきます。

ジャパンペットフェアに出展しました


3/31,4/1の二日間、ジャパンペットフェアの「cotorico」のブースの一角に、クラウド時代の小鳥との生活をサポートするサービス「cotorito」を展示しました。

cotoricoの可愛らしいブース。

裏側にcotoitoを設置。

小鳥ブースの中には様々な小鳥がいました。

羊毛フェルトを使ったワークショップをやっていたのでちょっと体験してみました。

会場にはその他にも様々な動物(生体)がいて、動物好きにはたまらないイベントですね。

Link

  • ジャパンペットフェア2012 http://j-p-f.jp/
  • cotorico http://cotori.co/