Maker Faire Tokyo 2015出展情報

8/1,2に東京国際展示場にて開催されるMaker Faire Tokyo 2015 (http://makezine.jp/event/mft2015/) に弊社伊藤が出展いたします。

ブース番号: A-08-13
出展者名: itog++

ブースではスマートBBQマシン「Griller」など、伊藤の社外での活動を中心に展示を行います。

ぜひお立ち寄りください。

米国展示会「SXSW」で「Wearable FourBeat」を展示します

ピグマルは米国テキサス州オースティンで開催される展示会「SXSW」にて、自社製品「FourBeat」の新コンセプト「Wearable FourBeat」を展示致します。

South by Southwest 2015 Music, Film and Interactive Festivals – Austin Texas

SXSWは「South by Southwest」の略で、毎年3月にアメリカテキサス州オースティン市で行なわれる、音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベントです。1987年に音楽祭として始まり、1998年よりインタラクティブフェスティバルを同時開催。2007年のインタラクティブフェスティバルで、ツイッターがブログ関連の賞を受賞し世界的に注目を集めるきっかけになるなど、IT系サービス発表の場としても注目されています。

ピグマルは、「SXSW Interactive」内のイベントとして開催される、世界各国の大小企業が最新のプロダクトやサービスを持ち込んで展示・商談を行う「トレードショウ」にて、事業組合カンダロボティクスと共同で展示を行います。

カンダロボティクス

カンダロボティクスは東京都千代田区外神田が拠点でLEDバイザーや、スマートフォンからコントロールできるモータ等の開発を行っている事業組合です。LEDバイザーはMake Tokyo Meeting 2015で展示され、テレビ東京のニュース番組「ワールドビジネスサテライト」に取り上げられるなど、注目を集めています。

本展示では「FourBeat」の新コンセプト「Wearable FourBeat」と、神田ロボティクスのLEDバイザーを組み合わせた、エンターテイメント性溢れる展示を行います。

展示内容等については本ページおよび弊社Facebookページでお知らせ致します。
https://www.facebook.com/pages/Pigmal/158778054212916

■出展情報
イベント名: SXSW
会期: 3月15日〜18日(米国時間、トレードショーのみ)
出展場所:オースティンコンベンションセンター 展示ホール4 ブース1315(DMM.make AKIBAスペース内)
URL: http://sxsw.com/exhibitions/trade-show/exhibitors?client_id=S15-884

Samurai MONO Festivalに出展します

2月16日、東京都江東区青海のテレコムセンターで開催される「第1回サムライモノフェスティバル(MONOフェス)」に出展いたします。

MONO フェス ( http://www.samurai-startupisland.asia/mono/index.html ) とは

Samurai MONO Festivalとは、ものづくりとITを中心としたスタートアップの祭典です。イベントを通じて、ものづくりベンチャーとITベンチャーのコラボレーションを生み出すことで、日本経済活性化のスピードを加速させます!

 

本展示では弊社の新プロジェクトを限定発公開いたします。

ぜひご来場ください。

Maker Faire Tokyo 2012で展示を行いました

12/1,2に開催されたMaker Faire Tokyo 2012 #mft2012 にて展示を行いました。
今回はFourBeatを使ったスロットアプリと、赤外線ラジコンカーをスマホからコントロールする展示を行いました。

FourBeatを使ったスロットアプリは子供たちに大人気でした!

タッチパネルを触るとトイカーが一斉に動き出し「おおっ」となります。
 
押しボタンスイッチ、赤外線コントロールは共に、弊社代表の著書「Android×Arduinoでつくるクラウド連携デバイス ―Android ADKで電子工作をはじめよう! ―」で作り方を解説しています。
Maker Faireでの出展に合わせて、電子書籍化およびキャンペーン価格での提供が始まっているのでこの機会にぜひ。下記サイトで12/7まで、キャンペーン価格の1500円で購入できます。

以上です。

Maker Faire Tokyo 2012に出展します

12/1,2に日本科学未来館で開催されるMaker Faire Tokyo 2012に出展いたします。

Maker Faireとは

Maker Faireは、世界最大のDIYの祭典です。家族で楽しめる、発明と創造と役に立つ情報がいっぱいの展示会であり、Makerムーブメントのお祭りです。出展するMakerは、技術愛好家からクラフト作家、教育者、ホビースト、エンジニア、アーティスト、学生、企業など非常に多岐にわたり、年齢も経歴もまちまちです。Maker Faireの使命は、こうした何千何万というMakerたちやMakerの卵たちを、楽しませ、知識を与え、結びつけ、刺激することにあります。2012年にサンフランシスコのベイエリアで開催した7回目のMaker Faireには、11万人以上もの人々が訪れました。日本では「Make: Tokyo Meeting」として2008年より開催されていましたが、2012年から、全世界共通の名称「Maker Faire」としてリニューアル開催します。

弊社ブース(Google Developersブース内)では、FourBeatなどの展示を予定しています。

大人も子供も楽しめるイベントなのでぜひご来場下さい。

Mini Maker Faire in ShenZhen にて新作「ウェアラブルタブレット」の展示を行いました

4/8に中国の深センで行われた Mini Maker Faire in ShenZhen にてウェアラブルコンピュータのコンセプトモデル「ウェアラブルタブレット」の展示を行いました。

ウェアラブルタブレット


ウェアラブルタブレットは、その名の通り、着れるタブレットです。タブレットコンピュータとセンサを内蔵した服を着ることによって、自身のポーズや相手との接触によってタブレットを操作することができます。

ポーズ・接触に対するタブレットの動作はいくつかのモードがありますので、ここではそのいくつかを紹介します。

ファンクションモード

Androidの機能を呼び出すモードです。下の画像のように手をかざすと写真を撮り、別のポーズで、撮った写真を画面に表示します。

目の前にいる人を写すので、見る人にとってもわかりやすく、子供たちにも大人気でした。

三国志モード

三国志のキャラクターをモチーフにしたモードです。
右手を上げると関羽が刀を振りかざします。

もう一人が腰に手を当てて、同じように右手を上げると、馬に乗った関羽が刀を振りかざします。

今回の開発メンバー&展示サポートメンバー。

Maker Faire 終了後は深センに2日間滞在し、インキュベーションオフィスや製造工場の視察をしました。

深センは都市自体が新しく、町中では若い人ばかりが行き交っており、華強北路の巨大電気街や、見学した工場の施設や人々の対応など、あらゆる点で圧倒的な勢いを感じました。

今回、Maker Faireのお陰で深センのサプライヤーとはとてもいい関係を作れまいた。今後もより協力関係を強化していきます。

ジャパンペットフェアに出展しました


3/31,4/1の二日間、ジャパンペットフェアの「cotorico」のブースの一角に、クラウド時代の小鳥との生活をサポートするサービス「cotorito」を展示しました。

cotoricoの可愛らしいブース。

裏側にcotoitoを設置。

小鳥ブースの中には様々な小鳥がいました。

羊毛フェルトを使ったワークショップをやっていたのでちょっと体験してみました。

会場にはその他にも様々な動物(生体)がいて、動物好きにはたまらないイベントですね。

Link

  • ジャパンペットフェア2012 http://j-p-f.jp/
  • cotorico http://cotori.co/