MA10にAPIパートナーとして参加します

本日開催概要が発表された「Mashup Awards 10」にAPIパートナーとして参加いたします。

弊社からは、Android対応押しボタンスイッチ「FourBeat」からの入力を取得するFourBeat APIを提供いたします。

APIに関するご質問等は随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

日経MJで弊社のコミュニティ活動が紹介されました

7/14付けの日経MJ(流通新聞)のネットライフ面のコラム「先読みウェブワールド」の、ものづくりコミュニティ「品モノラボ」の紹介の中で、弊社の取り組みについて触れていただいてます。

記事は以下、電子版にも掲載されています。

日本にもデジもの作りの交流会 起業を後押し:日本経済新聞

 

Orange Fab Asiaの第一期メンバーに選出されました!

フランスの大手通信会社Orangeのスタートアップ支援プログラム「Orange Fab Asia」の第一期メンバーに弊社を選出していただきました。

プレスリリース

 

ヨーロッパの大手企業からの支援というのは日本国内にいてはなかなか得られるチャンスがありません。これから3ヶ月間、このチャンスを最大限に活かせるような活動を行っていきます。

本プログラムへの応募プレゼンテーションを行ったプロダクトについても近日中に発表する予定です。

燃費記録アプリ「ReCoCa」、大型アップデート!

ピグマルは燃費記録アプリ「ReCoCa」のアップデートを行いました。

ReCoCaは2010年9月にリリース以来、使い勝手の変更など小さな改善を行ってきました。今回はReCoCa史上最大のアップデートで、UIを大きく改善いたしました。
recoca

背景と変更点

Androidは、市場に端末の出回ったバージョン1.5以降、 2.x系まではUIに大きな変更はありませんでした。ところが3.x系からはアクションバーやフラグメントというUI構成要素が導入され、大きくトレンドが代わりました。4.x系が主流となった今では多くのアプリがこの新しいデザインパターンに沿って作られており、ユーザにも親しみ易くなっています。

そこで、今回のアップデートではReCoCaにアクションバーを導入し、グラフや履歴画面へは画面のフリックで行なえるようになりました。また、給油情報入力をアクションアイテムから行うようにし、メイン画面には写真や燃費など、愛車のプロフィールがひと目で分かるようになりました。

一方で、前述のようにReCoCaはAndroidアプリとしては歴史が長いため、ルック&フィールはこれまでを踏襲し、以前からのユーザにも戸惑いなく使っていただけるようになっています。

アップデートは本日より、一部ユーザから公開が始まっています。

起業家支援サイト「ドリームゲート」の「スマビ総研」に掲載されました

起業家支援サイトドリームゲートさまの「スマビ総研」で弊社についての記事を掲載していただきました。

リアルなデバイスにも革命を! 大手電機メーカーを飛び出して世界に挑む一人メーカー「ピグマル」

 

~スマビ総研~ smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、小資本&独創的なアイデアで勝負する次世代型ベンチャーを「スマートビジネス」と銘打ち、その実例となるような企業・ビジネスを取材して解説するニュースサイトです。